お金を貸します掲示板【気をつけて!】掲示板でなく貸してくれるところはここです!

個人的にお金を貸します掲示板の存在、あなたはどう思われますか?お金の貸し借りは危険が伴うからこそ、慎重でなければなりません。掲示板でなくてもブラックや多重債務に風俗と他店では借りれない方の為の貸す所はありますことを念頭に入れておいて下さい。

keijiban468.jpg

個人融資 信用できる?

2017年12月08日 15時16分

個人融資 信用できる?の関連記事

  1. お金をどうしても借りたいけど
  2. どこも貸してくれなかったら個人融資という手もある
  3. 個人間融資掲示板は信用できるのか
  4. 個人間融資掲示板でだまされないためには?
  5. それでも個人融資を利用する場合
keijiban468.jpg

お金をどうしても借りたいけど

どこもお金を貸してくれない場合はどうしたらいいのでしょうか。お金を貸してくれないという状況はすでに他社借り入れがあって他の金融機関、例えば銀行や消費者金融会社に融資の申し込みをしても審査落ちしている状況が考えられます。審査に落ち続けている場合は申し込みをしすぎている場合が多いです。

カードローンなどの借金の申し込みに落ちたという情報は銀行や消費者金融会社などで共有されています。ですから、審査落ちしたのは何か問題があるのではと考えて他で審査落ちした場合は自社でも審査に通すわけにはいかないということで審査落ちしてしまうことがよくあるのです。

これを俗に申し込みブラックと呼んでいます。この場合の対処としては、審査落ちしたという情報が信用情報機関の記録から消えるのが半年ごとされています。ですから半年の経過を待って、また新しくカードローンなどの融資の申し込みを行ったほうがいいでしょう。また、その間に何故審査に落ちたのかを自分自身に問いかけてみたほうがいいです。明らかに属性が低くなっているのが審査落ちの原因です。それには様々な要因があるのです。大きなところでは、前述していますが、借金の借りすぎです。他社借り入れの件数が多くなると多重債務者に見られることがあります。

通常、消費者金融会社では3社までの借入れは多重債務と見なされないことが多いのですが、銀行では多重債務となることが多いようです。すでに銀行などからお金を借りていてさらにお金を借りようと銀行カードローンに融資の申し込みをしても他社借り入れがあるということで審査落ちする可能性が高いのです。それでもお金を借りるならまずは銀行をあたってみることを強く勧めます。それは銀行カードローンのほうが消費者金融カードローンよりも金利が低いからです。

わずかな差と思う人もいるかもしれませんが、1%でも違ったらかなりの違いとなります。返済期間が長くなれば長くなるほど利息の差というものはかなり広がってしまうのです。ですから、同じお金を借りるのでしたら、消費者金融会社のカードローンよりも銀行系カードローンを強くおすすめします。銀行は審査が厳しいからなかなか借りることができないと思っている人も多いことでしょう。

確かにそうなのですが、他に借金が無い状態でしたら、銀行からの融資も受けやすいです。クレジットカードを持つことも借金の一つだと言う人もいます。確かにクレジットカードの保有枚数が多くなればなるほど信用度が増すということではなく、反対に属性が低くなってしまうのです。これはクレジットカードを持つといつでもキャッシングが無審査でできるということからクレジットカードを持つということは潜在的な債務者になることとイコールということですね。

keijiban468.jpg

属性が低い高いと言うけれど…

審査落ちするかしないかを左右するのが属性の高さによるところが多いです。今では一般の人でも属性という言葉を使うくらいこの言葉はよく用いられるようになりました。元々は業界用語であったのも広く知られているところです。それでは属性というのはどういったもので、カードローンの申し込みに対してこの属性というのはどのように影響するのでしょうか。属性というのは一般的に信用度という言葉に置き換えてもいいでしょう。

信用が高いイコール属性が高いということになるのです。それではその信用度というのはどのように推し量るものなのでしょうか。それは、カードローンなどを申し込む際に申し込み書に記入する個人情報などからもわかります。というのも、申込み書は個人情報の宝庫ですから、それでその人の状況がよくわかるのです。

まずは住所と年齢、性別です。住所だけでも住まいの状況がわかりますし、年齢では20歳に満たないとだめといった条件があればその時点で審査落ちとなるでしょう。男女の性別で審査を左右するわけではありませんが、レディースローンといった女性専用のローンがあるくらいですから、性別も何か影響しているかもしれません。

そして、大きなところでは勤務先です、全国に知られた企業でしたら、大企業ということでそれだけでも審査に好影響を与えそうです。そして勤務形態もパートアルバイトよりも正社員・会社員のほうが良さそうです。実際に企業の規模が審査に影響することはあるでしょう。また、それよりも大きいのが勤務形態です。正社員だともっとも審査に大事な「安定した収入」に合致します。

パートアルバイトということになると、どうしても収入が安定していない面で正社員よりも不利になるのです。こういった面を考えると正社員のほうがパートアルバイトよりも確実に属性が高いということになります。そして、正社員の中でも勤続年数の違いによって属性が大きく変わってきます。勤続年数が1年という人よりも勤続年数が30年という人のほうが属性が高くなるのです。

また、住まいについてですが、これは持ち家に住んでいる人のほうが借家に住んでいる人よりも属性が高くなります。持ち家は当然のことながら資産に入ります。持ち家を持っているということで資産を持っているということになり、万一のときでも持ち家を債権として活用することができるからです。銀行や消費者金融会社にとっては担保があるというように見られるわけです。こういったことから持ち家があると借家よりも属性が高くなるということです。

keijiban468.jpg

属性を上げるにはどうしたらいいの?

属性というのは決まったものではありません。時々刻々と変化していきます。勤続年数を見てもわかるのですが、正社員としての立場が変わらなければ時が経過するごとに勤続年数は増えていきますから、これは時間の経過とともに属性がアップするということになります。

反対に会社を退職して無職になってしまったら属性は大幅にダウンしてしまします。これは「安定した収入」を得る立場から、一転して「安定した収入」が無くなったばかりか無職ということで収入すらもなくなってしまうのですから、属性はかなり下がってしまうのです。

ですから、住宅を購入するのでもクレジットカードを作っておくのでも正社員であるうちに済ましておいたほうがいいのはこういった理由によるものです。そのときの属性で審査するので、正社員か無職かというのは審査にかなり大きな影響を与えるということですね。このことから属性を上げるにはたくさんのヒントが出てきました。まずは無職状態を止めることです。とにかく収入を得るためにパートアルバイトあるいは正社員になるようにしなくてはいけません。

できれば正社員がいいのですが、昨今のことですから、いきなり正社員になることは難しいでしょう。そうなると個人事業を始めるという手もあるのですが、事業が安定するまではパートアルバイト以下の属性となる場合もあります。ですから、その点はしっかりと自分で認識しておくほうがいいでしょう。また、属性の高低を左右するものとして残債があります。これは借金の有無と借金の額です。一つくらいの借金は誰でもあるでしょう。

特に住宅ローンなどは大きな借金です。しかし、住宅ローンの有無は属性の高低とは関係ないとみる向きのほうが多いのです。これは、住宅ローンが保証会社などによって保証されているからです。住宅ローンの申し込みの際に生命保険に加入することも義務づけられていることからも万が一のことがあっても、保証会社や生命保険会社などが残債の補填をしてくれるので、属性には影響がないということです。

また、差し押さえなどもできて貸し倒れがないということも大きいでしょう。住宅ローン以外の債務はその限りではありません。他社借り入れが多くなると銀行カードローンの審査に通ることはないでしょう。消費者金融会社でも他社借り入れが多いと審査に寛容ではなくなります。

ですから、複数の他社借り入れがある場合は一つでも完済しておくとよいでしょう。銀行や消費者金融会社には複数の債務をまとめるおまとめローンがあります。複数の債務があるときは是非とも活用したいところですが、債務件数が多くなりすぎるとおまとめローンの審査も通りにくくなります。複数の借入れを解決するためのおまとめローンなのですが、借入件数が多いとそれだけでお金にルーズな人ということになるからです。

またおまとめローンのメリットはたくさんあります。支払日が一本化することと引き落とし口座が一つになることが大きいのですが、支払金額はそれほど変わりません。ですから現在、支払いに汲々としているのでしたらおまとめローンにしても状況は変わらないということで審査に落ちることがあるのです。

keijiban468.jpg

滞納履歴があると審査に通ることはない

借入れに対しての返済に滞納してしまうと、それが信用情報機関に滞納したという情報が記録されてしまいます。これは銀行や消費者金融会社が信用情報機関に加盟しているとその情報を照会できるようになっているのです。

ですから、どんなうっかりミスであっても滞納は滞納です。滞納というのは重大な契約違反ですから、うっかりミスであっても滞納は絶対にしないようにしましょう。すぐに支払えばおとがめ無しというか、個人信用情報機関に記録されないケースもあります。

しかし、それも確実というわけではありません。土日などの銀行営業日以外ですぐに支払えない場合もあるでしょう。そういった時間差で滞納したことが信用情報機関に記録されることがあるのです。未払いの場合もそうですが、滞納といった履歴がある場合は審査に通ることはありません。

それだけははっきりしているので、滞納はしないようにしましょう。多くの人が返済日が近づくと全力で資金繰りをしているのはそういった事情があるからです。もっと大きな事例では期日までに返済しなければ、差し押さえになるといったケースもあります。ですから、滞納だけはしないように気をつけましょう。
 
▲メニューに戻る

  keijiban468.jpg

どこも貸してくれなかったら個人融資という手もある

滞納を繰り返したり、それが高じてブラックになってしまったという人もいるでしょう。返済しなければ、裁判沙汰になってしまうのです。裁判と言っても簡易裁判ですから、法廷といったものはありません。悪質なものになったらそういった場面もあるかもしれませんが、たいていの場合は示談というわけではないですが、机を隔てて債権者との相談ということになるのです。

それでも返済ができないということになると債務整理あるいは任意整理といった支払い云々の話ではなく、自己破産という手段を取る場合もあるでしょう。しかし、そうなったらどこからもお金を借りることはできません。これはブラックになった人にお金を貸してはいけないという法律があるわけではありません。

しかし、自己破産の場合は借金がなくなりますし、債務整理でも返済しやすいように金利が極端に低く設定されますし、一部借金の額が免除されることもあるのです。このように債務者に有利になるのが自己破産であり、債務整理なのです。ですから、債務者に社会的制裁がなければいけません。ということで不文律ですが、自己破産や債務整理を行った場合は信用情報機関に事故情報あるいは金融事故として登録されるのです。

また、自己破産の場合は官報に公表されることになっています。そして、あらゆる金融機関や貸金業者からお金を借りることはできませんし、クレジットカードは全て解約のうえ、新たにクレジットカードを作ることもできなくなるのです。それでも、お金が必要なことはあるでしょう。そうなるとどうしたらいいのでしょうか。

ネットでは個人間融資掲示板が注目されている


ネットでは個人間で融資を行う掲示板が流行っています。「融資します」といったものや「お金を貸してください」といった書き込みがあふれているのです。もっとも融資するといった専用の掲示板であり、融資される側の専用の掲示板といったように、双方が混在しての掲示板は存在しないようです。

そこで、銀行などの金融機関や消費者金融会社などの貸金業者など、どこからもお金を借りることができない人が、わらにもすがる思いで個人間融資掲示板に頼っているのです。しかし、個人間と言っても掲示板ですから、誰でも掲示板を見ることができますし、会員登録をすれば書き込みもできるようになっています。

そうなると闇金も中には書き込みをしているのではないかという不安もあります。実際に掲示板の最初の書き込みでは、どれだけお金を貸すかとか、金利はいくらといったようなものが融資する側の情報として書き込みがありません。実際に、融資元の書き込みに対して返信した人が今度は周りの目に見えない形で交渉を行うのです。
 
▲メニューに戻る

  keijiban468.jpg

個人間融資掲示板は信用できるのか

個人間融資掲示板は詐欺ではないのかという口コミサイトもあります。実際に誰が書き込みを行っているのか誰が応答しているのか、不特定多数の人が書き込む掲示板ですから、中には闇金まがいの業者が介在することも否定できません。

「融資を行います」という書き込みが全て善意ある人とばかりではないのです。闇金ではなくても街金のような金融業者という場合もあるかもしれません。しかし、そうなった場合は個人間融資ではなく、街金業者にお金を借りるといった場面もあるわけです。

誰にでもお金を融資するというのが建前の個人間融資掲示板ですから、そうなると本末転倒でしょう。しかし、お金が欲しい人でしたら、お金を貸してくれる人でしたら、闇金業者でない限り個人でも金融業者でも誰でもいいということになるのです。しかし、個人間融資掲示板というのは本当に信用できるのでしょうか。個人間融資掲示板に書き込みしているのが街金業者であったほうがまだ信用できるかもしれません。

貸金業者でしたら、お金を貸すのが仕事ですから、借り入れ方法などのノウハウもあるので、個人間融資掲示板であっても闇金業者でない限りある意味安心かもしれません。個人間の場合は詐欺の可能性が高いといえば言い過ぎになりますが、個人間でどうやってお互いの信用が担保できるのかが疑問になるあるいは不安に思う人も少なくないでしょう。貸し出し条件はどういったものになるのかなど、気になる点はたくさんあります。

貸し出し先のほうが立場が上なのは間違いないのですが、借りるほうが逃げるというリスクもあります。そういった場合の対処が何もないように感じるのも不安が募る点なのです。個人間融資掲示板を利用した人の口コミもありますが、うまくいったという書き込みもあれば、詐欺に遭ったという口コミもあります。それぞれが興味深い体験談となっているのですが、どれが本当でどれが嘘なのかはそれだけで見分けがつかないのです。

少なくとも金融機関や貸金業者からお金を借りることができないといったトラブルを抱えている人がお金を借りようとしているのですから、貸す方にも大きなリスクがあるのは間違いありません。ブラックとなった人は少なからず返済不能になって、支払いを放棄した人です。

そのような人に善意の心でお金を貸すというのも現在の日本ではなかなか考えつかないことなのです。さらに、借りるほうとしては個人情報を相手に知らせなければいけません。最低条件としてお金を貸す側も相手の、住所や氏名、銀行口座などの本人確認はするでしょう。そういった個人情報を相手に知らせると言うリスクもあることを忘れてはいけません。
 
▲メニューに戻る

  keijiban468.jpg

個人間融資掲示板でだまされないためには?

個人間融資掲示板の利用を考えている人は、事前に慎重に情報を集めるようにしましょう。「融資をします」「慈善の気持ちで融資をしますから安心してください」といった書き込みを見ることができます。実際に利用方法などは書き込みの後に個人間での交渉となるのはわかります。

そこで金利や返済方法などを連絡することになります。借りる側としてはブラックかあるいはそれに近い形でどの金融業者からもお金を借りることのできない人です。そうしたどうしようもない人の弱みにつけ込んで高利でお金を貸す人もいるかもしれません。

闇金業者とはいいませんが、個人間融資ですから、金利の設定はあってないようなものと考えてほうがいいでしょう。金利手数料などは実際の金利がわからないと利息計算はできません。そのあたりの情報は最初に金利は20%でと書いてある書き込みもあります。利息制限法での上限金利となります。それでも普通に街金業者から借りてもそのくらいの金利になりますから、個人間融資でもその金利だったら問題はないでしょう。

しかし、借金ですから、お互いを信用しなくてはいけません。それと街金業者だと貸金業協会の会員であったり、都道府県知事の許可証があるのですが、個人間ではそのようなものは望むべくもないでしょう。そのようなリスクがあるというのもしっかりと認識しておかなければいけないのです。

また、相手の連絡先が携帯番号だけという場合が多いです。融資元のほうは住所すら教えないでしょう。しかし、借りる側は住所氏名、電話番号に銀行口座など、さらには免許証やパスポートのコピーなどで本人確認を行うのが通常ですから、借りる側の個人情報は筒抜けになってしまうのです。

個人情報だけ聞き出して逃げるという手口も横行しているという事実にもしっかりと目を向けなければいけません。銀行や消費者金融会社と違って審査というものは個人間ですからありません。ひょっとしたら融資元のほうが断ってくるかもしれませんが、それは審査状況が動とかという問題ではなく、お金の貸し借りの交渉が決裂した場合と考えていいと思います。

交渉だけが相手を知る物差しとなるので、しっかりとコミュニケーションをとって相手の人となりを知るようにしたほうがいいでしょう。いずれにしても、個人間融資にはリスクがつきまといます。金融会社で借りることができなければ、しっかりと働いてお金を稼ぐといった道を考えたほうがいいでしょう。

大手消費者金融会社や銀行から借りることはできない人が個人間融資掲示板を利用していることと思いますが、街金などをあたれば、貸してくれるところもあるかもしれません。街金でも利息制限法を守らなくてはいけませんから、上限金利である20%を超えることはありません。しかし、個人間の場合はそういった法的な縛りはなくなるので20%の金利以上で支払いをしなくてはいけない場合もあるのです。
 
▲メニューに戻る

  keijiban468.jpg

それでも個人融資を利用する場合

どうしてもお金が欲しくて個人融資を利用しなくてはいけない場合、どういった点に気をつけたらいいのでしょうか。個人融資ですから、お互いが面と向かって対面することはないでしょう。ということは電話か、メールなどのやりとりで、融資する側と利用者がコミュニケーションを取るしかありません。

中には借用書を取り交わす場合もあるでしょう。その場合は双方の住所や連絡先が明らかになりますし、法的な後ろ盾が出てくるので、お金を借りる際はどのような小口融資であっても借用書はなんとしても欲しいところです。

お金を貸すあるいは借りて借用書を作ると言うことは後で何かのトラブルがあったときに大きな証拠となってくれるのです。借りても返済しないという行為をした場合は訴えられることもあるでしょう。貸す側も貸し倒れのリスクがあるのですから当然です。

また、個人では無く業者が介在してくる場合があります。その場合は貸金業登録をしているのかを確認したほうがいいです。不安に思ったときは弁護士などに相談してもいいかもしれません。しかし、個人間の交渉ですから、弁護士も腰が重いでしょう。

正規の貸金業者でなければ闇金という不安もつきまといます。融資元の側としては、信用してくださいという一点張りになるしかありませんから、借りる側としては何をもって信じたらいいのかが分からない場合が多いのです。街金融であればまだいいのですが、ヤミ金の場合は取り立てや高金利などの問題があるのでなんとしても避けたいところです。

相手が街金融であることを祈るしかありません。それでも業者であれば、お金を貸すというサービスに長けているのである意味安心かもしれません。中小消費者金融会社が介在している場合もあるのでそういった業者にあたると安心といえるでしょう。いずれにしても個人間融資掲示板では、金銭も小口融資での交渉になるでしょう。掲示板で数十万円や数百万の貸し借りになることは常識的にありえないからです。

掲示板の書き込みないようをしっかりと吟味することが大切です。相手が正規中小金融会社であればいいのですが、実際に顧客確保のために介在しているようです。そのような情報も口コミサイトにあふれているようですから、そちらから情報を仕入れて直談判するという方法もあります。

月々の返済額なども交渉で決めることになるでしょう。口コミサイトの利用体験などで情報を集めながら詐欺に遭わないようにしましょう。金融ブラックの人が多いでしょうから、詐欺行為には十分に気をつけて借入先を探すようにしましょう。
▲メニューに戻る
keijiban468.jpg
keijiban468.jpg